ホーム 新コロナ関係ニュース

新コロナ関係ニュース

2021年09月09日

デルタ株に感染した人はワクチンの効果

新型コロナウイルスのデルタ株の感染力に関してはワクチンの効果が無い可能性があると発表。
調査では新型コロナのデルタ株に感染した場合において、ワクチンを2回接種していても人に感染させる力は変わらない可能性があるとイギリスの保健当局が明らかにしました。

イギリスのイングランド公衆衛生庁が今年6月以降にデルタ株に感染した人についてウイルス量を調査。
ワクチンを1回も接種していない人と2回接種した人との間にほとんど差が無かったとの事。
結果を受けて、イギリスの保健当局は、デルタ株に感染した人はワクチン接種を完了していても人を感染させる力は減っていない可能性があると指摘しました。  先週にはアメリカのCDC=疾病対策センターも、同じような可能性を指摘しています。

海外ジェネリックならば三越屋

デルタ株は従来のコロナウィルスより「潜伏期間が長くウィルス量も1,000倍以上に増加」ことが分かっていまので、ワクチンを打ったからと言って安心せず注意が必要です。

Transmission dynamics and epidemiological characteristics of Delta variant infections in China | medRxiv
https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2021.08.12.21261991v1.full

Delta’s rise is fuelled by rampant spread from people who feel fine
https://doi.org/10.1038/d41586-021-02259-2

分析の結果では「デルタ株に感染した人は症状が出る前の2日間にわたってウイルス粒子を排出していた」

また、「この研究結果は、デルタ株が従来株や他の変異株を圧倒して、世界的に優勢な株になった理由の裏付けになることでしょう」とも述べています。