ホーム 用語 脱毛(症)

脱毛(症)

0

脱毛症としては一般的な原因は原因は酵素5α-リダクターゼの働きによって男性ホルモンである「テストステロン」から生成されたDHT(ジヒドロ・テストステロン)という物質が原因と考えられている。

このDHTが毛乳頭細胞(毛根に存在)に存在する男性ホルモン受容体(レセプター)と結びつく事で、髪の毛のサイクルを異常にし毛髪の脱毛が起きてしまう。

酵素5α-リダクターゼには、「タイプI」と「タイプII」の2種類が存在します。それぞれI型DHTとII型DHTを生成する。AGAが出現する前頭部と頭頂部にはタイプIIの5α-リダクターゼが主に存在し、AGAが出現しにくい後頭部と側頭部にはタイプIが多く存在している。通常、生えた髪の毛は2年~6年は維持されるはず(その後抜け毛となり、また生え変わる)であるが、DHTタイプIIが標的器官である前頭部と頭頂部の髪の毛の毛乳頭細胞にある男性ホルモンレセプターに接続すると脱毛に関するタンパクを生成し、一気に毛髪の寿命を縮め、数ヶ月から1年で成長が止まってしまう。そのタンパク質の代表的なものがTGF-β1と考えられている。TGF-β1は細胞の働きを調節する内因性生理活性蛋白質でサイトカインの一種である。TGF-β1が毛包細胞に存在するTGF-β1レセプターに結合すると毛包細胞の細胞自然死(アポトーシス)が起こり、毛周期が退行期へ誘導されてしまう。5α-リダクターゼタイプIIの阻害薬がフィナステリドであり、5α-リダクターゼタイプIIとタイプIの両方を阻害するのがデュタステリドである。これらの薬品はAGAの進行を防ぐ効果がある。

これは自毛植毛をしても同じ事であり、植毛のドナーは後頭部より持ってくるため、生涯AGAに侵されるリスクは少ないが周囲の毛はAGAの進行とともに弱毛化し抜けて行く。
つまり自毛植毛をしてフィナステリドかデュタステリドを内服しなければ植毛した毛のみが残る事になりうる。
国内ではドラッグストアーでも入手可能なミノキシジルの方が知名度が高いが、効能は異なり毛根への血流促進による発毛、育毛効果である。
国内のミノキシジルは散布タイプ服用は国内では未承認)のみで、安全性の観点から濃度が5%のみとなっている。
また、 女性の男性型脱毛症(FAGA) に唯一使用できるのがミノキシジルであるが、 フィナステリドデュタステリド を投与する事は禁忌となっている。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here